上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レブテックミッションのシャフトよりオイル漏れがひどく、後輪までオイルの飛び散りが目立つようになったのでオイル漏れ対策部品を組み込みました。
経年変化により、いずれまた実施する事に
なった場合の為に、簡単ですが作業手順を残しておこうと思います。
ロードホッパーの場合、サービスマニュアルがないので、アドリブでの作業となりました。

①クラッチ分解



②リアプーリーを外します。
SSTが必要です。プーラー&プーリー回り止めロ ッド&インパクトレンチ

かなりガッチリ組まれていたので、インパクト外す際にショルダーナットのネジ山がぶっ飛びました。
ショルダーナットを逆側から締込み何とか外す事が出来ました。外れる際にバキットかなりデカイ音がして、ビックリポンでした。





インパクトレンチは580Nの物を使用
ちなみに締め着け時のトルクは75Nとの事でした。

④タイミングベルトとインナープレート、フロントプーリープレートを外します。
⑤せっかくなので今回チェーンとフロントスプロケットもついでに交換します。
⑥ミッションを車体より降ろします。



⑦外したミッションはオイルでベタベタでした。


⑧オイル漏れ対策パーツは色々各社出ていますが、
プロト独自の対策部品を今回は組み込みます。
SSTが必要です。

⑨ベースプレートを組込み、ミッションを乗せます。インナープレートを取り付けます。







⑩プーリーを取り付けます。
ナットは逆ネジ何で注意!

締め付けトルクは75Nとの事。
緩いちプーリー脱落の危険性あり注意!



11:タイミングベルトとチェーンのテンションを張ります。インナープレートと位置で調整
タイミングベルトのテンション幅20mm
張り過ぎるとシャフトに負荷がかかり、またまたオイル漏れを誘発するので注意!

12:何とか組み上がり、高速走行でもとりあえず問題無く、作業終了です。
不慣れな為、2日程かかりました。
以上 ※費用SST+対策部品+インパクトレンチ代で合計¥70000かかりました。

スポンサーサイト
今週もクラーケン級を狙って釣行しました。
濁りが強く風も出てきてタフコンディションでしたが、なんとかクラーケン級が出ました。

タックル
ロッド:ツララ クラーケン76KS
リール:アブビックシューター
LINE:PE4号
ルアー:オリジナルラバージグ typeⅡ
※ツララロッドはスピニングモデルですが、
実際使ってみると、ベイトでもいけちゃいます。
ベイトモデルに比べるとガイドがデカイ分チョット重いですが、使用上違和感ありません。
ジギングから、ハードロックフィッシュとまさに
なんでもロッドです。残念ながら在庫切れで来年の
生産予定は未定とのことです。
現在3.5kgまで抜き上げられます。
おそらく4kgUPも可能かと思います。
実釣にて実証したいと思います。
地元ではこれからがBIGSIZEのハイシーズンとなり
期待して釣行。
南下して北上しながらポイントを探りますが
あたりがなく半分諦めて夕まずめ、
やっとアタリがあり、ロッドが大きくしなります。
なんとか浮かせましたが抜き上げ出来るか不安なサイズです。身切れの心配もありましたが
竿のポテンシャルを信じ一気にリフトアップしなんとか陸上げ完了。
今期最大3.5kgをなんとか釣り上げる事ができました。
それにしてもツララ クラーケン76は凄いですね〜
タコ専用ロッドとしては高い部類ですが
さすがのトルクで3.5kg抜き上げできました。
買ってよかった!



タックル
ルアー/ジグ:オリジナル
ロッド:ツララ クラーケン76
リール:ビックシューター
LINE:PE4号直結


チョイキャンプ用にシーシーバーを自作しました。
材料は真鍮です。
強度確保の為トラス構造としました。
材料はφ10mm真鍮丸棒です。
リブはφ6mmです。
ロウずけ強度も確認したく、またまた思いついたまま形にしてみました。



試運転がてら50kg程キャンプ道具を積み
ツーリングに行ってきました。
強度的には十分で横揺れもなく無事帰路につきました。


今年もアオリイカの釣果に恵まれずアブれた日のお土産に何かないかと港を徘徊していた所、地元漁師のオッちゃんが蛸を採っているのを見て試しにエギを投げたら偶然釣れてしまって以来スッカリ蛸釣りにハマってしまいました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。