上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.08 プロペラ
暇をみてコツコツやってます。

ロウ付けがある程度できるように

なり、創作の幅が広がり楽しみが広がりました。RH105
RH0_20130709011242.jpg



プロペラを着けちゃいました。

走り出すと回ります。(ヘッドライトへの虫付着防止です。嘘です!)

RH102

RH101
RH103
RH104


いろいろコツコツやってます。

RH2


RH1

スポンサーサイト
シートストッパー1
シートストッパー2
シートストッパー3
ZERO(バックドロップ製)のソロシート(タン)を
装着してますが、風合いは非常に良いのですが
出足で行き良い良く出ると、”おけつ”がズリズリと
下がってしまいます。

ロッカークラッチにしてから余計その辺が気になり
シートへストッパーを追加しました。
φ10の真鍮ロッドを曲げ、強度upの為、リブをφ6の真鍮ロッドを連結して
おります。

おけつズリズリもなく、腰への違和感もなく、レトロ風?(経年変化により
他部位同様真鍮独特の風合いが出て楽しめそうです。)な感じがでて気に入っております。
制作費、¥2000程度です。
クラッチペダルプレートの軽量化&カバーを追加がてら
近くの海まで試運転チョイツーです。
快適でした。


a1



b1
c1



今日はかなり辛い出来事もあり試運転がてら海へきました。
海




やっと念願のオリジナルロッカークラッチ&ジョッキーシフト完成しました。
また、ついでにPVクラッチカバーもオリジナルです。
市販されているロッカークラッチとは基本構造がちがうので
バランサースプリングがフロント前面には無いのが
分かると思います。なぜ無くてもロッカー機構かは
秘密です。(特許申請中?)
強度も十分確保しておりますので、市販品で良く耳にする強度不足による
変形にも考慮しております。
(ジョッキーのノブは約90年前のアンティーク品でとても味が有り、気 に入っております。)

組み付け後の試運転も初めてのロッカー&ジョッキーでしたが、
意外と違和感無く走れたので、調子に乗って80kmほどチョイ乗りしてきましたがトラブルなく返ってこれました。
(半クラも楽々でした。)
なにより”扱っている感”が実感でき、乗ってて楽しいですよ。 ロッカーType3
ロッカーType3-1
ロッカーNobu
最近はハーレーばかりかまって、すっかりご無沙汰のTLRですが
いざ乗りたい時に”すねる”と困るので、
メンテがてら、コツコツ貯めたパーツをいっきに組込んでみました。
これで定番と思われるカスタムは一通り完了です。
実施内容は下記となります。

湖

フロントブレーキディスク化:TLM220用と流用しております。
              スポークは新品を組み直しております。
              ステムシャフトは打ち直しております。
              組み込みは完了ですが、このままでは
              ハンドルがタンクに干渉してしまいます。
              そこで、ステムストッパー部へストッパーボルトを
              取り付けてしまいます。
              (M4のタップを切り直し、取り付けました。
               ショップ等ではフレームにストッパーを肉盛り溶接
               するようですが、塗りなおしたフレームに
               溶接はちょっと・・・しなくないので!)

FRONT

stoper


コンペアルミマフラー&ステンエキパイ:当時物のコンペ用サイレンサーは非常に
                   乾いたいい音を奏でてくれて、大変気にっております。
                   ステンエキパイは走り込む程にいい色に焼けてきて
                   味わいが出ます。
                   なにより錆びないのがいいですね。
                   (ノーマルは直ぐ錆びてしまいます。)
サイレンサー

             
                
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。