上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地元ではこれからがBIGSIZEのハイシーズンとなり
期待して釣行。
南下して北上しながらポイントを探りますが
あたりがなく半分諦めて夕まずめ、
やっとアタリがあり、ロッドが大きくしなります。
なんとか浮かせましたが抜き上げ出来るか不安なサイズです。身切れの心配もありましたが
竿のポテンシャルを信じ一気にリフトアップしなんとか陸上げ完了。
今期最大3.5kgをなんとか釣り上げる事ができました。
それにしてもツララ クラーケン76は凄いですね〜
タコ専用ロッドとしては高い部類ですが
さすがのトルクで3.5kg抜き上げできました。
買ってよかった!



タックル
ルアー/ジグ:オリジナル
ロッド:ツララ クラーケン76
リール:ビックシューター
LINE:PE4号直結


スポンサーサイト
今年3回目のアオリイカ釣行となります。
シーズンも終盤今回で大型狙いとしては
最後となります。
はたして結果は?

7/30
天候:くもり/晴れ
風向き:南南西 6M
気温:28?32℃

まずまずの天候で、風向きはいいようです。
早速AM6:00釣行開始です。
今回は先ずヤエンにて開始します。
堤防では既に餌釣り・エギングと先行者が
おりますが、まだ釣れていないようです。

早速アジの泳がせを開始します。
先ずは足元から探っていきます。
投入後ししばらく糸を出しアジを誘導し
初めてた途端糸が出始めます。
1投目にて幸先よくドラグ音が響きます。
あまり出しすぎると前回同様藻場に入られてしまうので
ドラグを止め、アオリの状況を伺います。
竿へのテンションからあまり大きくないようです。
底を切るように浮かせ、ヤエンを投入し、ヤエン到着を
まってゆっくり寄せてきます。
寄せに入るとイカがヤエンに気づき逃げようとバックした途端
ヤエンに針かかりするようです。
竿が大きく曲がり、うまく掛かったようです。
なんなくランディングし本日初♀の1.1kgでした。
090730 1.1g

早速2杯目を直ぐアジを投入しますがその後、当たりもなく
約6時間後2度目の当たりがあり少しサイズアップして
1.5gの♀でした。
090730 1.5g
群れが廻ってきたのでしょうか?
続いて3杯目 ♂1.7g 

090730 1.7g

夕方より前回好調だった、浮き釣りに変更。昨晩はこの堤防にて
夕方から短時間で8杯と上がったそうで、期待して待つが
なかなか浮きが沈みません。
PM8:30過ぎ沖までアジを流しているとようやく浮きが沈み
合わせますが、うまく針がかりせず痛恨もバラシ
ストックしていたアジも切れて今シーズンの春イカ(大型)も
終了となりました。

今回の釣果まとめ
090730 matome1



今回は大型には恵まれず、また最近の釣果状況からして
既に大型は終了し、1?2kgが中心となっているようで
今シーズンも目標の3kgオーバーならずといった状況で
2009年のアオリイカ釣行も終了です。

今年は仕事に追われ、例年の1/3程度の釣行で
少々不完全燃焼気味ですが、今シ?ズンより始めた
浮き釣りの面白さ/奥深さなど探求課題も増え、
来年に向けて徐々に準備を進めていこうと思います。

次回よりアジ釣り・キャンプ編を予定しております。


今年2回目のアオリイカ釣行となります。
なんの因果が1年でもっとも忙しい月(6月)に
色々集中してまして、やっと仕事の都合をつけて
の2回目の釣行となります。

ポイントはいつものホ-ムグランドです。
かなり人気の場所で週末なのどは
釣りにならない状況です。
今回は週明けの月曜日+前日よりの雨の為、
めずらしく誰もいない状況でした。

午前5時釣行開始まずはヤエンにて手っ取りばやく
イカの反応をとアジを泳がせますが、風速9mの
横風でアジがうまく泳がすことが出来ず
反応がありません。

2時間後 後から来た2名のエギングガーに約1.5前後のアオリきました。
早速わたしもエギに切り替えましたが当たりがなく
またヤエンに戻り当りを待ちます。
10時過ぎあたりから風向きが変わり風が収まってきました。
なんとなくいけそうな感じになってきました。
11時やっと今回初の当たりが・・・・ギイーと心地よいリ?ル音が
何度聞いてもいい音です。
あまり走らせないように調整して何とか浮かせヤエン投入です。
ところがまたしても藻場に入られたようで、リーリングしても
一向によってきません。またもや藻に絡まったようです。
今年は走られてばかりでこのパタ?ンばかりです。

約2時間後 2度目の当たりが、今度は走られて藻場へ行く前にと
竿でタメを利かした瞬間、ラインブレイク・・・・・ガッカリでした。

気を取り直し人が増えたので浮き釣りに切り替えラストチャンスに
かけました。(ヤエンは流す範囲が広いので人が多くなると必然的に
出来なくなります。)
夕方5時過ぎより、常連のオヤジさんが一流し目でいきなり2.2kg
その隣でまたもや2.3kgと今までなんだったんだと
思うぐらい乗ってきます。
常連さん達は餌にイナっ子・ショゴなどを使っております。
小生はちなみにアジです。(¥200となります。)

アジではダメなのかと思い諦めた8時半過ぎにやっと浮きがいい状態で
沈み、流れと逆に動き始めました。
乗ってから約1分後動きが止まったのを見計らい
”大あわせ”を・・・・・・2号竿が胴より曲がり何とか乗ってくれたようです。
ドラグが悲鳴をあげてラインがいきよい良く出て行きます。
昼間の失敗がよぎり、今回はやり取りを楽しんでいく余裕もなく
必死に寄せに入ります。なんとか手前まで寄せたがなかなか
浮いてきません。
何とか浮かせ、ランディング成功 あげてみると2.6kg有りました。
最後にこの日最大サイズを上げることができました。

毎回そう感じますが、やはり最後まで諦めてはダメだと今回の釣行でも
つくづく感じました。今回もドラマがあり、この1パイの為にがんばって
いるのだと実感できる釣行でした。
サポ?ト下さった常連の先輩達に感謝です。
次回こそ3kgUPを!

2009 06 29 2.6kg アオリ
2009 06 29 2.6kg アオリ 2




今回は毎年恒例?のアオリイカ釣りのお話となります。
ここ数年はまっているアオリイカ釣行記をこれから約2ヶ月ご紹介していきます。

毎年この時期5月?7月中旬まで春イカと呼ばれる大型を
狙えいにこの時期だけに集中して釣行を行っております。
(この為だけに大好きな他の釣りを我慢し、約この非常に短い
2ヶ月間に集中して、貯めてたお小遣いも、時間も使いはたしております。
毎年シ-ズン後から約10ヶ月の思いをこの2ヶ月間で爆発させております。)

私のホ-ムグラウントである南房総まで゙片道約250kmをひたす走り、
着いたら約40h程度不眠不休のアオリイカとの戦いが始まります。
帰りはふらふらの状態でまた約250Kmかけて帰路に着きます。
こんな生活を初めて約10年近くなります。

なぜここまでして・・・・

これまであらゆる釣りを経験してきましたが、
これほど面白い釣りもなかなか無いと思っております。
特に去年から始めたヤエンは過去最高のスリルと
面白みがあります。
是非ご興味ある方は一度体験してみてはいかがでしょうか?
きっと”あなたもアオリイカ地獄にはまりますよ”
前置きが長くなりましたが、いよいよ2009年シ-ズンインです。

5/25
朝からあいにくの強風で(7M?10M)嫌な予感がします。
まずはヤエン用の生きアジを入手しようと行き着け
の餌屋へ、AM3:00店の明かりがなかなかつきません。
3:30まで待ちやっとお店の人が登場。
早速アジ入手?と思いきや ”アジがいない”
うそだろ? 前日に電話しておいたのに?
品切れで現在静岡県まで買出し中とのこと。ガッカリでした。
先行きくらいスタ?トとなりましたが、
とりあえず釣行場所へ平日ながらさすがに超一級ポイントだけ
あって、既に先行者が数名、とりあえず状況収集がてら
竿を出してみました。
風速7?9Mラインがふけてエギが沈みにくい状況です。
そんな中隣の人にヒット!!!気持ちよく竿が曲がって
おります。数分のやり取りの末1.7kg前後の♂のアオリイカ
があがってきました。
ようやく群れが回ってきたのか?活性があがったのか
そのうち私にもヒット、とりあえずボーズはまぬがれそうです。
重量感はあるが余り引かず難なく浮いてしまいました。
アオリにしては”まるっこいな”とよせてくると
なんとモンゴーではありませんか?初モンゴー



それにしてもデカイな、あげてみると約1.7kgありました。
あげてからもエギをガリガリかじっていました。
新品エギがボロボロです。
エギボロボロ


その後更に風が増して流石に釣りにならない状況となり
一時撤退。餌屋からの連絡を待ち、夜釣りに移行
やっとアジを入手できたので、浮き釣りに転向
朝まで粘るものの当たりなし、朝方になりヤエンに転向
潮目にアジを泳がせていると”ジージー”と一年ぶりに
聞く心地よいサウンドが、余り走らせずに様子をみて
浮きにかかるが既に藻のジュングルの中にイカは
入ってしまって根かかりとなり、1杯目は撃沈

アジを再セットし様子をみていると、直ぐに2杯目が
アタック今度はすかさず竿で為必要以上にラインを
出さずにゆっくりリーリングして浮かし、いよいよ
ヤエン投入、イカへの到着を見計らって
リーリング開始しイカが浮いた途端ヤエンが外れ
2杯目も撃沈。
その後2時間当たりがなく、体力・気力とも限界となり
納竿となった。

こんな感じの所で戦っております。
釣り場


今回は餌が無いことから始まり、最後まで余りすっきり
しない状況で終了となった。
次回へ乞うご期待!

所感:南房総での初期?中盤はエギの方が釣果に恵まれる
    場合があるようです。
    今回夜通し約8名での浮き釣りでの夜釣りの釣果は”0”
    でした。毎年この時期はエギメインだったので
    餌釣りの釣果はあまりきにしていませんでしたが、
    こんなもんなんでしょうか?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。